So-net無料ブログ作成
検索選択

タイの洪水と日本の社会貢献活動(SRコーポレーション活動)の必要性 [SRコーポレーション]

日本企業はタイに多数進出しています。すでに400社以上の日系企業が今回のタイの洪水で被災しています。当然進出している日系企業は自己防衛の手段を講じているでしょう。今年のタイのGDP経済成長率は4%から3%に低下するというタイ中央銀行の予測もあります。私たち日本は東日本大震災のさいにタイから多額の寄付を受け取りました。しかし、いまのところ日本からタイへ義援金の寄付を行うという日本企業のキャンペーンは聞きません。これは、いったいどういうことなのでしょう。日本の企業はあまりにも内向きになっていませんでしょうか。直接経済関係のない場合はまったく無関心というのでは日本企業のSR活動も絵に描いた餅になってしまいます。野田首相の言うように「恩義を返す」という感情にかられる必要もないでしょう。被災国に支援をするというSR活動の原点に立てば特別な感情もなく支援活動を始めるのが当然だと思います。すでに現地タイ・ホンダが1億バーツの支援を表明したニュースはタイの人々から高く評価されています。「次に自動車を買うときはホンダにする」というFacebookやtwitterの声が多く寄せられています。打算でなく、純粋な支援が多くの共感を呼び、日本企業の社会的評価を高めると言えます。


CSRは中小企業でこそ重要!(SRコーポレーション)

CSRはどことなく大企業の活動のようなイメージがあるが、そんなことはない。中小企業にこそCSRは必要なのだ。中小企業においてはCSR活動を抜きにしては、企業自体の存続に大きく左右されてくるのではないかと思われる。「CSRとはCorporate Social Responsibility(企業の社会的責任)であるが、ここでのCとはcommunityもしくはcommunicationなのではないかと思われる。」という見解もあらわれてきている。これはどういう意味であるかというと、社員同士のコミュニケーションを円滑にするのが企業にとって重要になってくるというCSRの考え方である。もちろんそれはもはや当たり前のことではないかと考える人もいると思うが、その当たり前のことが大変難しい問題になってきている。大企業ではナレッジシェアの一環でこのようなCSRの取り組みは行っているが、中小企業ではこのようなCSRは行われていないのだ。日本という国は中小企業の多い国でも有名であるがそのような国であるからこそこの取り組みは非常に重要になってくるのではないだろうか。今一度、コミュニティ、コミュニケーションとしてのCSRを考えてみてはどうだろうか。 


日本のCSRは江戸時代が原点( SRコーポレーション)

CSR(企業の社会的貢献)の原点は日本では実はずいぶん前からあったのです。

日本の企業の社会的貢献は日々注目されてきているが実はこの活動は江戸時代から行われていたのです。調和を尊ぶ日本社会においてCSRは、古来より、企業の持続的発展の観点から、経験的に会得され、実践されており、江戸時代の学者石田梅岩の記述や、三井家住友家などの江戸時代の商人に代々引き継がれた家訓などを例として、商工業の底流にCSRに通じる考え方を見ることができるのだそうだ。確かにCSRとかいう横文字で国際的なものとなっているが、もともとは社会に貢献しようという意識には変わりないのだ。例えば石田梅岩の記述では「二重の利を取り、甘き毒を喰ひ、自死するやうなこと多かるべし」 「実の商人は、先も立、我も立つことを思うなり」というものがあったり、住友家家訓では「職務に由り自己の利益を図るべからず」「名誉を害し、信用を傷付くるの挙動あるべからず」「廉恥を重んじ、貪汚(どんお)の所為あるべからず」「我営業は信用を重じ、確実を旨とし、以て一家の鞏固隆盛を期す」などがあり、まさにCSRそのものであることがわかる。やはり商売をするうえで社会に貢献するということはいつの時代も必須なのである。


企業の社会的責任(social responsibility SRコーポレーション)

先進国では社会が豊かになるに従い、経済的成長以外のさまざまな価値観が育まれ、企業評価の指標として、法律や制度で決められた範囲を超えてよりよい行動をすることを望ましいとする傾向が生まれている。企業がこうした社会的要請に応えることは社会的行動の不足や欠落が招くリスクを回避するとともに、社会的評価や信頼性の向上を通じて経済的価値を高めることができると認識されるようになってきた。実際の活動内容はさまざまで、従来的な関連法規の遵守やコンプライアンス、よい製品・サービスの提供、雇用創出・維持、税金の納付、メセナ活動、などを含める向きもあるが、典型的なCSR活動としては地球環境への配慮、適切な企業統治と情報開示、誠実な消費者対応、環境や個人情報保護、ボランティア活動支援などの社会貢献、地域社会参加などの地域貢献、安全や健康に配慮した職場環境と従業員支援…などがある。

企業の社会的責任(social responsibility SRコーポレーション) [SRコーポレーション]

企業の社会的責任(social responsibility,SRコーポレーション)とは、現代社会における企業理念と行動において、最も重視される企業規範である。その語源はアメリカで1960年代に起こった反ベトナム戦争運動の社会ムーブメントに起因する。ベトナム戦争に貢献・寄与する企業の倫理価値を問題とした一連の運動は世界的に影響を及ぼした。日本では70年代に公害反対の世論に後押しされ、企業活動が社会的な責任を負うものというコンセンサスを得ることとなった。その後、自然環境の視点や、弱者保護の視点も加味されて、現在では企業活動が単なる利益追求だけでなく、社会全般の利益も考慮したものとなるようにしなければならないとされている。 

共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。